トップページ >  > プロペシアの効果、副作用

プロペシアの効果、副作用

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)のディフェンス治療で非常に重要です。プロペシアに含まれるフィナステリドには男性ホルモンをDHT(活性型男性ホルモン)に変化させる5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害する働きがあります。



DHTは毛乳頭内のレセプターと結合し、退行誘導因子をどんどん産生します。退行誘導因子は毛母細胞の働きを弱らせ、髪の毛の成長を止めてしまいます。その結果、細毛、産毛が増えて薄くなってしまいます。

プロペシアを服用することでDHTが抑制し、抜け毛の減少をサポートします。皮膚科や薄毛治療クリニックで処方しています。28錠入りで7500円が目安です。ネットの個人輸入でフィナステリド配合のフィンペシアを購入できますが、使用については自己責任になります。

プロペシアの副作用については5%未満の方に性欲減退の自覚症状が出ていますが、日常生活に支障をきたすレベルではありません。内服の中止で改善、消失する副作用です。後は肝機能に障害のある方の服用は慎重に行うこと、女性の使用は服用しないようにします。特に妊娠中の女性は触れる事も避けるようにします。

プロペシア(フィナステリド)は効きやすい人、効きにくい人がいます。これは遺伝子検査によってわかります。頭髪専門クリニックでは2万円程度で遺伝子検査を行っています。使用が不安な方は検査を受ける事をおすすめします。

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)のディフェンス治療で非常に重要です。プロペシアに含まれるフィナス...