トップページ >  > 女性の薄毛治療

女性の薄毛治療

女性の薄毛は男性とは原因が異なります。男性の場合はDHTを抑制するプロペシアを服用が薄毛治療の基本になりますが、女性のプロペシアの服用は禁止されています。特に、妊娠中の女性は胎児に影響が出ることもあります。ここではクリニックで行われている女性の薄毛治療について解説します。

●ミノキシジル
女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症で、頭頂部から全体的に薄くなっています。原因は様々ですが、主に加齢による女性ホルモンの減少、血行不良による代謝低下があります。クリニックでの女性の薄毛治療はミノキシジルの内服薬と外用薬がメインになります。ミノキシジルと言えばリアップが有名ですが、クリニックではミノキシジルの飲み薬も処方しています。クリニックでは初診時に血液検査、血圧検査を行い、体質を確認してから処方しています。ミノキシジルが腸管で吸収され、血管を拡張する作用があり、外用薬よりも効果があります。



ミノキシジルの注意点としては、外用薬の場合は刺激が強いため、頭皮にかゆみ、炎症が出ることがあります。内服薬に関しては体毛の増加が稀に見られます。そのような場合はクリニックで相談して、薬の処方を調整してもらいます。血圧に異常がある場合もミノキシジルの内服薬は処方されないことがあります。

●サプリメント
サプリメントは薄毛対策の為の栄養補助のために使用します。市販のサプリメントよりも高濃度の栄養素が含まれています。クリニックで処方されるサプリメントは主にミネラル(亜鉛、鉄、銅)とマルチビタミンです。

亜鉛は髪の毛の原料になるタンパク質の合成をサポートする作用があり、毛髪の生成を促進します。鉄には酸素と栄養を細胞に届けるヘモグロビンに欠かせない栄養素です。栄養を毛根までしっかり届けるために欠かせない栄養素です。銅は髪の毛のキューティクルを作るために欠かせない栄養素です。

マルチビタミンは13種類のビタミンが含まれています。代謝の促進と肌荒れ防止作用のあるビタミンB郡をはじめ、コラーゲン合成をサポートするビタミンC、血流改善、抗酸化作用のあるビタミンEなどの栄養素を効果的に補給します。

●メソセラピー、HARG療法
成長因子を頭皮から注射する薄毛治療です。毛髪再生医療として注目され、美容クリニックなどでも行われています。毛母細胞を活性化するFGF,IGFをはじめ、血管新生作用のあるVEGFなどの成長因子を配合。さらに血管拡張剤、コエンザイムQ10なども配合した発毛促進カクテルを頭皮から注入します。費用は1ヶ月に1回で5万円から8万円程度。これを6回程度続ける治療法です。

女性の薄毛は男性とは原因が異なります。男性の場合はDHTを抑制するプロペシアを服用が薄毛治療の基本...