トップページ >  > HARG治療の効果、副作用

HARG治療の効果、副作用

HARG治療はAAPE製剤と呼ばれるHARGカクテルを頭皮に直接注入する薄毛治療です。注射器を使って150種類以上のサイトカインが含まれたAAPEを毛根に注入します。



HARG治療に含まれるHARGカクテルにはIGF,KGF,b-FGF,HGFなどの細胞増殖因子、血管拡張剤、アミノ酸、ビタミンなど発毛を促進する成分が含まれ、髪の毛を作る毛根に直接届けます。HARGカクテルは休止期にある毛乳頭、毛包を正常化し、幹細胞を呼び寄せて細胞分裂を促進。さらに、血管拡張作用で栄養を取り込み、毛幹の成長をサポートします。

HARG治療の他にも独自のAGAメソセラピーを行う頭髪専門クリニックがありますが、HARGカクテルに比べると成分が少なめです。VEGFやHGFなどの細胞増殖因子が不足し、毛乳頭の成長力が落ちてしまいます。

HARG治療で気になるのは痛みです。頭皮に注射をするため、麻酔をします。痛みはかなり軽減されています。また無痛で行うことも可能です。最近ではハリを使わないメドジエット(MEDJET)という注入法もあります。こちらは名古屋中央クリニックで行われています。また、HARG治療の副作用はこれまでありません。3万件以上の治療例がありますが、1件も報告されていません

HARG治療の費用は1回、8万円程度です。これはどこのクリニックもほぼ同じです。HARG治療は3回から6回程度行う事を推奨しています。3回行うとかなり変化が見えてくるようです。生え際やM字脱毛の場合は回数は増える傾向にあります。

HARG治療はAAPE製剤と呼ばれるHARGカクテルを頭皮に直接注入する薄毛治療です。注射器を使っ...